検索

【UiPath】翌月の日付を取得する

今回は翌日の日付を取得方法を記載します。

主に使用するアクティビティーは【代入】アクティビティ-です。


■作成手順

①【代入】アクティビティーを追加する

「代入」と検索し、ドラック&ドロップで追加します。


②【代入】アクティビティーを編集する(左辺)

【代入】アクティビティーの左辺に「日時」という変数を作成します。

変数を作成する場合の一例として「Ctrl+K」を押し、日時と入力します。

変数の型を「Date Time」に設定します。


③【代入】アクティビティーを編集する(右辺)

【代入】アクティビティーの右辺に「DateTime.Now」と入力します。

④【代入】アクティビティを追加する

もう一つ【代入】アクティビティを追加します。

左辺には、上記手順②で作成した変数「日時」を入力します。

右辺には、「日時.AddMonths(1)」と入力します。

翌月の場合は「.AddMonths(1)」、先月の場合は「.AddMonths(-1)」となります。

翌日の場合は「.AddDays(1)」、昨日の場合は「.AddDays(-1)」となります。


⑤【メッセージボックス】を挿入して日付を取得する

【代入】アクティビティの後に【メッセージボックス】アクティビティを追加します。

【メッセージボックス】には、上記手順②で作成した変数「日時」を入力します。

続けて「.ToString」と入力し、変数をString型に変換します。さらに、("")内に表示形式を記載します。(画像だと、年・月・日・時・分・秒)


⑥完成

ワークフローを実行すると、下記のように「年・月(翌月)・日・時・分・秒」が取得できます。



閲覧数:0回0件のコメント